春の暖かさを歓迎するその裏にある恐ろしい事実とは?

um_042

Adsense by Google

Barbecue season begin!

Britain hotter than Ibiza.....

バーベキュー シーズン 到来!英国はイビザ島より熱い...

待ちに待ったレジャーシーズンの幕開けを知らせるような一文のようですが

この暖かい春のheatwave(熱波)について専門家は

有毒な化学的農業スモッグを引き起こす可能性を指摘しています。

この週末、英国の南東部とロンドンの一部では17度を観測し

これは年間の週末観測記録では最高です。

一方では、サハラ砂漠の砂塵による健康被害

(心臓に負担のかかる年配の人)が懸念されています。

 

ある環境保護団体団体は以前から
「ヨーロッパの農家達による農業的スモッグだ!」
と主張していました。

また英国環境.食料.農村地域省によって警告が発表された後
「ヨーロッパの農家達にによるアンモニアからのスモッグにこの国は包囲されている」
ともある環境保護団体から指摘されています。
特にその砂塵による影響を受けやすいであろう地域では心臓や肺の問題を含めた
個々のリスクは物理的に減少させる努力をする必要に迫られるほど事態は
深刻なようです。

英国気象庁のMet Petagnaさんによると
「今のところ風は南方のかぜで、砂塵を南部から北部へ運んでいく見込みです。
そしてこの先の数日の雨によって砂塵は洗い流されわずかに車に積もる程度になるでしょう。」
とのことです。
天気のことだけに関して考えると気温上昇に関しては毎日のように問題視されている温暖化は
気になるところですが、南からの風とそれに伴う砂漠の砂については、毎年のことで
特に変わった事とは一見思えません。

環境保護団体はアンモニア泥漿によって海峡がなくなる可能性も指摘

ある運動団体は、によれば
サハラ砂漠の砂塵は、英国での前回の警告(2014、4月)からだと粒子状汚染物質は
全体で5分の1以下と見られています。

4月もまだ数日ですが、イビザ島を含めた人気の海外観光地以上の
気温の上昇(温度計が15-16度を指すような)を歓迎しています。

ロンドンの一部と英国南東部気温上昇のピークである午後3-4畤
には日光浴がされていました。
気象予報士は、昨日この週末の気温上昇が今年最高出はないかと
予測しています。

この日の

The Sunday Times
(英国新聞、日曜版)の専門家の話では
この塵は、

The dust was caused by ‘agricultural smog’

ヨーロッパの有毒な農業化学肥料による農業スモッグのようです。

主な塵の成分は化学肥料や牛馬ふんの肥やしに
使われているアンモニア硝酸塩であることも
研究者の見解です。

強い雨風で運ばれた粒子は肺を通過して血液に入りこみ
ディーゼル車両と同じくらい有毒なガスになり得るという
ことです。

引用元
http://www.dailymail.co.uk/news/article-3521349/Hotter-Med-highs-64-4F-herald-BBQ-Sunday-year-experts-warn-spring-heatwave-bring-agricultural-smog-toxic-chemicals-parts-UK.html

Adsense by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です