若きシングルマザーの悲しすぎる決断

290c17187582b4fa7589

Adsense by Google

シングルマザーという言葉は日本でも全く珍しくはなく
それぞれの人生の一つの選択肢として考えられるように
なってきていますね。
ただ現実は、さまざまな問題を避けては通れない道です。

Single mother, 21, hanged herself to Ed Sheeran song Small Bump

21才の若きシングルマザーが、 Ed Sheeran(エド・シーラン)のSmall Bumという曲と共に自ら命を絶ちました。
彼女の名前は、Jade Reesさん 21才。
5ヶ月のパートナーとの関係に終止符をうちそれと同時にお腹に宿った命を人工中絶という形で諦める決断をしました。
しかしそれは、もちろん容易い決断ではなく彼女にとって身を引きちぎられるような苦しいものでした

彼女自身彼女の下した決断によって悲しみの底に突き落とされました。

そしてそこにはもっとも悲しい結末かあったのです。

彼女は自らの自分の命を絶ってしまいました。
お腹の中の子の父親は、彼女と別れ、別の女性と付き合い始めたのです。

そこにはEd Seeranの曲がありました。
若い彼女の状況をまさに汲み取ったような
流産した女性の悲しみを歌った曲です。
パートナーとの関係にも終止符をうち、子供を
失った彼女には苦脳と計り知れない悲しみのみが残りました。

彼女は命を絶つ前に彼女の両親と2才になる彼女の息子に宛て
手書きメッセージが残されていました。そこには彼女の心の内側が痛々しく綴られていました。

あなたが私の全て!

そしていかに幼い彼女の息子がどれだけ彼女にとって大切な存在であったかを。それは彼女のすべてだったのです。

彼女の去ったあと、検死の結果によると彼女がまだ14才の頃から

うつ病と摂食障害の兆候が見られました。拒食症と診断され抗うつ剤を処方されていました。

しかし2013年の妊娠をきっかけにふ服用を中断していました。

そのボーイフレンドとはお腹の子が4か月の頃破局を迎え

彼女一人で育てていく大きな決断をするのです。

2015年始めには新しいパートナーと出会いますが、妊娠した後別れます。

10月には人工中絶を受けていましたが、それは処置できる時期をかなり過ぎていました。

彼女の行きつけのパブのオーナーによると

その頃の彼女の精神状態はもちろん最悪でした。

そして彼女は48時間の間に2度の薬物多量摂取をしてしまうのです。

2度目の時には彼女の父親がRoyal. Oldham Hospital. A&E department へ

急いで運びましたが命を救うことはできませんでした。

数日前に退院したその病院で医師から精神科のアドバイスを受けることを

薦められていましたが、悲しいことに間に合いませんでした。

彼女の葛藤は、長い間心を苦しめていたからこそ

子供に全てを注いで彼女の人生を取り戻そうとしましたが、

悲しみはそれを越えてしまい抱えきれなくなってしまったことは

本当に悔やまれてなりません。

 

引用元http://www.dailymail.co.uk/news/article-3522386/Single-mother-21-hanged-Ed-Sheeran-song-Small-Bump-haunted-decision-abortion.html

Adsense by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です