お金で幸せは買えないが、お金の使い方で幸せになれる!あなたのお金の使い道は?

image

Adsense by Google

昔から「幸せはお金では買えない」とか「お金が人生の全てではない」
とよく聞きますね。
幸せ=お金をたくさん持っている、という考えには反対も多いでしょうし
それだけでは実際少し寂しい気持ちにもなります。
しかし自分の口座のお金の桁が増えて嫌がる人は
恐らくいないでしょう。

自分の個性を表現するためのお金の使い道

毎日の生活には消費はつきものです。その額に関わらず
あれこれお金のやり取りをして日々の暮らしが作られています。

ケンブリッジJudge Bussiness School と
ケンブリッジ大学の心理学部の研究者たちが英国の銀行における
実際のお金ののやり取り77000件を分析しました。
そしてその顧客に協力をあおぎ"性格と幸せ"についてアンケートに答える形式で
行われました。
漠然とした内容のようですが、しっかりとした結果が出たようです。

それぞれの性格によって幸せの分野が違う

そのカテゴリーは心理診断でよく使われるBig Five(人間の持つ様々な性格は5つの要素の
組み合わせであるという理論)に基づいて行われました。

The Big 5 Personality

Big Five 性格の特性
経験への開放性
誠実性
外向性
協調性
神経症傾向

この5種類です。

SPENDING AND PERSONALITY
The Big 5 Personality Trait 

Openness
Conscientiousness
Extraversion
Agreeableness
Neuroticism
Low correlation 
Traffic fines, mortgages
Gambling, toys and hobbies
Insurance, accountant fees
Traffic fines, gambling
Stationery, hotels

High correlation
Entertainment, hair and beauty
Insurance, health, fitness
Entertainment, travel
Charities, pets
Traffic fines, gambling

例えば"パブでのディナー"は外向性であっ誠実性のお金の使い方ではない!とか、"チャリティーやペット"は協調性の人のお金の使い方て 、”家財保険・健康や体力作り”は、誠実性の人にある傾向で、神経症傾向の人は”文具にお金をかけること”にあまり興味を示さない、など実に細かく分類し分析されています。

Overall, this analysis revealed that people who spent more money
on purchases which matched their personality were happier.

相対的に見てアンケート結果から分析すると、個々の気質によってお金の使い方に違いが見られ、その気質に合った消費は人の幸せ度をアップさせているそうです。

そして納得なのがこの一文です。

Matching spending with personality was more important for individuals’ happiness ‘than the effect of individuals’ total income or their total spending.’
収入や使うお金の額で得られるものよりもいかに自分の性格にマッチしたお金の使い方をするかが
個々の幸せには重要である。

引用元 http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3526677/Money-really-buy-happiness-spend-items-match-personality.html

Related Posts

Adsense by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です