命を救う鍵は、一秒を争う。心臓発作の兆候を見逃しては行けません。

image

Adsense by Google

日頃の生活の中で自分の体調管理には
皆さん気を配られているにではないでしょうか?
普段と少し違う、何かのサインかもというときに知っておいて欲しい体のお話です。

Half of heart attack victims wait an hour before seeking help:
Doctors warn that not enough people know the signs
despite delays reducing the chance of survival

心臓発作患者の半数がに1時間ほど待って助けを求めているます。その遅れがしに繋がることを知っている人が少ないと医師は警告しています。

ジワジワとその症状は襲ってくる。

多くの人は心臓発作とは、胸を鷲掴みにして卒倒するように考えていますが、実際は、徐々に進行していきます。

image

病院に運ばれる心臓発作患者の10人に1人が病院にかかる2日前にはその兆候がみられていたと言います。その兆候を消化不良や筋肉痛と勘違いすることもよくあることのようでず。

The BHF polled 500 heart attack patients and found that 80 per cent initially failed to realise they were having a heart attack,with 35 per cent mistaking their symptoms for indigestion. Some 50 per cent did not seek help for more than an hour and 11 per cent waited two days or longer.

実際、British Heart Foundation(英国心臓財団)が500人の心臓発作患者に聞いたところ、80%の人が自分の症状に気づかず35%の人が消化不良の兆候と勘違いしていたと答えています。
半数ほどの人が1時間以上助けを求めず、11%の人が2日又はそれ以上の間
様子をみていたというのです。

この病気にはintervaebtion という心臓.血管にカテーテルと呼ばれる細いチューブを使った治療が不可欠です。
しかも一秒でも早くに行われることが必要なのです。

イギリスでは心臓血管病が最大の死亡疾病として毎年155000人もが死に至るという数字が出ています。その中で、3分に1人の割合で心臓発作と診断されています。

しかもこれは年配の人だけに起こるものではありません。

Melanie Mully, 43, from Bishop’s Stortford, Hertfordshire, had a heart attack when she was just 38 and thought the pain in her arm was caused by carrying her baby Alice.

Melanie Mully(43才)はスコットランドで牧師をしていました。
彼女が38才の時に発病。最初は娘のAliceを抱いていて腕が筋肉痛になったのだと思いました。
しかしその症状を抱えてまま、娘がいたこともあって病院に行くのは煩わしく思い、その日はそのままほっておきました。
そしてついに心臓が止まるという事態に!救命救急医の到着で一命をとりとめました。
数年たちますが、その事をきっかけに意思の忠告のもと気をつけて暮らすようにしているようです。

image

一刻も早い対処が命を救います。

専門家は、ほとんどの発症の場合は予期することは難しいですが、症状を感じたりまた目の前の人がそれに該当するようであれば、とにかく一刻も早く救急への連絡をすることが命を救う鍵となると繰り返し話します。
実際、10人に7人が心臓発作から回復しているという結果が出ています。

引用元 http://www.dailymail.co.uk/news/article-3534974/Doctors-warn-not-people-know-signs-despite-delays-reducing-chance-survival-half-heart-attack-victims-wait-hour-seeking-help.html?ito=email_share_mobile-top

Related Posts

Adsense by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です