青い地球にミッキー発見!いよいよ公式に発表されたディズニーと電力会社のビックプロジェクト!

image

Adsense by Google

Mouse ears you can see from space: Disney World launches 22-acre solar farm
capable of powering 1,000 homes in the shape of Mickey’s head

ディズニーワールドでは22エイカーの広大な土地を使いミッキーマウスの頭をモチーフにしたソーラーファームを起動します。なんと1000件の家庭に供給できる電力をこれで確保できるそうです。

人々が夢の国と引き付けられるディズニーワールドは、日本でもその経営術やスタッフの教育育成手腕が注目されています。現代の社会に夢だけでなく貢献する姿勢を見せる一企業としても興味深い動きではないでしょうか?

これは、フロリダのディズニーワールドリゾートで発表され、この建設はデュークエナジーによって行われました。5メガワットの電力が見込まれているものです。

青い地球の中から隠れミッキーを探す!

デュークエナジーはすでにディズニーワールドリゾートの電力供給を契約しており今回のこの巨大なミッキーソーラはその契約の一部としてついにお披露目されました。

実はこの3月から稼働していたファームですが、ディズニーとデュークエナジーはが実態を公式に発表したのは今週火曜日です。

国が管理管轄で、水・道路・防火対策を監督されているReedyCreekImprovement District,
という特別地区でデュークエナジーがディズニーから借り受け、ここに電力を供給しているものです。ディズニーワールド、ホテルも同じくこのエリアで供給を受けています。

image

環境に優しい!をいかにアピールするのか。

Duke Energy has plans to expand its solar power projects,
with another farm in the works slated to be the size of 20 football fields.Duke Energy Florida President Alex Glenn said:’By using alternative energy, we are putting our creativityto work and finding innovative ways to help preserve the planet.’

デュークは更にこのソーラープロジェクトを拡大させる計画を持っており、その規模はサッカー場20個分に相当します。デューク社の社長であるAlex Glennは、「代替エネルギーを使うことで、仕事に創造性を発揮し革新的な方法によってこの地球を守ることの手助けをしているのです。」と語っています。

またディズニーは、自社のバスに植物油から作られたクリーンディーゼル燃料を使用する事により環境対策への実績を積むことを見据えているようです。

ミッキーのソーラーパネルの話題は、広大な土地を持つアメリカらしいプロジェクトですね。これらの企業の「革新的なアイデア」は電力の供給だけでなく、おそらく今求められている環境に対する大変有力なアピールにもなるプロジェクトのようです。やり方は、色々有る中、実にディズニーらしい
表現方法ですね。

引用元 http://www.dailymail.co.uk/news/article-3537142/Disney-launches-22-acre-solar-farm-capable-powering-1-000-homes-Orlando.html

 

Related Posts

Adsense by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です