大腸がんの兆候を見逃さない。認知を高め、命を救うキャンペーン。

image

Adsense by Google

痔?それとももっと深刻な何か?兆候を無視することで腸癌による死亡例多数あると明かしました。

Is it piles or something more sinister?

Doctors reveal thousands are dying of bowel cancer by ignoring tell-tale signs

英国では15分に1人が大腸がんと診断されています。

医師は多くの人がポイントとなる症状をむ無視していると警告しています。

大きな声で言いにくい、おしりの痛み

こ2つの症状は、人に言いにくい痛みを伴うものですが、その違いは生死を分ける問題になりかねません。
人口の半数が生涯のどこかで痔を患うといいます。しかし直腸の出血や便に血が混じるような痔をの症状があっても特に調べることもせずほっておくことが多々あると医師は考えています。

ここで問題なのは出血するということです。これは痔より深刻なこと、つまり腸癌の兆候である可能性があるのです。

現代では世界的に最も患いやすい癌の第3位にあるのが腸又は直腸の癌だと言われています。2012年には140万近くの新たな症例が診断されました。

それにともない、イギリスの人気オンラインクリニックのHealth Expressは、癌認知を促進するためにネットで便の状態で簡単に自分の症状をチェックするガイドを提供するなどしました。また便の変化を確認するために、健康な状態を示し見る人にアドバイスしています。

‘It is important to be vigilant when spotting the signs of bowel cancer.With early detection, meaning a 90 per cent chance of survival, bowel cancer is treatable.

大腸がんは、初期の段階で診断されて治療にかかれば他の癌よりも
完治する可能性があると言われています。その確率は90%にものぼります。

現在、Health Expressが命を守る試みとしてちチャリティーで腸癌撲滅!のチームを結成しました。そのページには分かりやすく、痔と腸癌の似ているところ違うところ、病院へ行けばどうなるかを

専門家の指示の元、明記しました。

例えば、痔に関しては、「肛門の痛みと腫れとそれに伴う出血があるが、数日で落ち着く」

と分かりやすく説明されています。

また簡単な食事療法と排便時に痔になるべく負担をかけないなど、薬餌療法に加え助言されています。

何より早期発見!

Dr Hilary Jones, who works as an independent medical advisorfor Health Express,said he hoped the awareness drive would help to save lives.

医療アドバイザーを勤めるHiraly Jones博士は、「この自分の症状の認知が命を救うことにつながることを願います。

そして腸癌の認知キャンペーンが英国発病第2位の腸癌の認知に大いに役立ちます。」

NHSは、腸癌検診プログラムをこの10年導入しています。その中でも北アイルランドでは腸癌による死亡を抑止する努力が進められています。

北アイルランドの60-74才の男女対象に2年に1度、検査キットが家に送られて来ます。そして家でその検査を実施できるのです。

小さな便のサンプルを3回に分けて採取し研究所に送ります。

検査受診率が上がらない事実

しかしこの回収率は50%に満たないとか。この数字は乳癌、子宮頸癌と比べると70-80%となります。

この回収率から男性よりも女性の方が、検査を受ける率が高いとも見てとれます。

Research undertaken to understand the reasons behind this low uptake
revealed many common factors for other cancers for which screening programmes exist,
such as fear of cancer and the getting the results from the test.

一般的に癌検診を受ける率が低いことに関して共通する要因を研究した結果、癌と結果を受けとることへの恐怖心から起こることがわかりました。

However, other bowel-specific reasons such as test procedures and disgust over handling faeces were raised.

他の癌検査よりも腸癌検査は受けたがらない傾向があることもわかっています。理由としては

検査の際、便を取り扱うという煩わしさがあげられました。

しかしキャンペーンや検査方法よりも有効なのは臆する事なく腸についてまた便について話せたり、積極的に検査を受けやすい状況作りかもしれませんね。

引用元 http://www.dailymail.co.uk/health/article-3524829/Is-piles-sinister-Doctors-reveal-thousands-dying-bowel-cancer-ignoring-tell-tale-signs.html

Related Posts

Adsense by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です