満たされない気持ちに耐えるか、脂肪と甘みで心を満たすか?あなたならどうしますか?

image

Adsense by Google

How a bag of crisps brightens a boring day:

Fatty and sugary snacks boost levels of chemical that drops when we are bored

ポテトチップスの袋が退屈な一日を明るくする方法!

脂肪や甘いスナックは退屈しているときに低下する化学物質のレベルを高める!

確かに疲れたとき、気分を変えたい時、これらを言い訳にまた自分を慰めたり、ご褒美にという名目でついついポテトチップスやスイーツに手が伸びるのは相当意志の固い人は別にして誰しも経験があるのではないでしょうか?

脳科学の世界でも説明されている

事実、脳科学の世界でも人は刺激がない時、脂肪や甘みを切望するそうです。

The explanation is that if our levels of the hormone dopamine

– which is produced when we are interested – drop, we try and compensate for it in other ways.

それは、退屈さなど感じるとなにかに興味を持ったときに、作り出される脳内のドーパミンが低下してほかの方法で埋め合わせをしようとするそうです。

 

Central Lancashere UniversityのSandi Mann博士によれば

Exercise and diet are all very well,

but losing weight effectively might simply be a matter of leading a more interesting life.

運動やダイエットは健康的で良いことです。しかし体重を減らせば減らすほど生きる楽しみに問題を及ぼしているといいます。

調査によって明らかにされた食べ物と精神の関係

Mann博士は退屈さと食べ物の選択について調査を実施しました。

まず第一に52人の被験者をに退屈な作業(例えば同じもののコピーを繰り返し長時間にわたって行うような)を依頼し、その後どのような食べ物が食べたいかを尋ねました。

第二に45人の被験者に”健康的な食べ物と不健康な食べ物”を準備し、すぐ手の届く状態でいかにも退屈なビデオといかにもおもしろいビデオを見るように促しました。その後、スナックの重さを量り実験前とどれだけ食べられたかを調べました。

第一の実験からは、退屈な作業の後は、予想通り不健康な食べ物、例えばポテトチップスやスイーツ、そしてファーストフードのようなものが好まれることが判りました。

第二の実験からは退屈なビデオを見た被験者は著しく不健康な食品を口にしたことがわかりました。

この結果は、退屈さを刺激する脳内科学物質のドーパミンの低下に関する理論をうらづけするものでした。

健康それとも精神の安定?

博士は、

‘People designing health education campaigns

to encourage us to make healthier food choices need to take boredom,

including boredom in the workplace, into account. Bored people do not eat nuts.’

「健康食品を選ばせようと健康指導キャンペーンを企画する人たちは、仕事場での退屈さに絶えていることを考慮に入れるひつようがあるます。

退屈さに耐えている人たちは健康的なナッツを食べたりししません。」

その通りですね。

体の健康を考慮してヘルシーフードを選ぶのか、それとも精神的な平穏を保つためにポテトチップスの袋に手を伸ばすのか難しい選択を迫られますね。

引用元 http://www.dailymail.co.uk/news/article-3560558/Fatty-sugary-snacks-boost-levels-chemical-drops-bored.html

 

 

 

 

 

Adsense by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です