使用期限をチェック!化粧品バックの中身、あなたは大丈夫ですか?

image

Adsense by Google

女性ならほぼ皆さんが化粧品を持ち歩くためにバックに入っているでしょう。

化粧ポーチなるものの中にはいったいどんなものが入っていますか?また何年も前に購入して古くなったものを持ち歩いたりはしていませんか?化粧品の使用期限とはどんなものでしょう?

How your make-up bag could wreck your health:One in five women hoard cosmetics for years – risking urine infections and meningitis

メイクバッグがあなたの健康をどう台無しにするのか。5人に1人の女性が同じ化粧品を5年間使っている。-尿感染症や髄膜炎の危険性あり!

美を保つための化粧品が危険!

化粧品は毎日使うものでしょうが、その品質について、あまりにも無頓着でいると自分の身体に被害が及ぶと言うお話です。

London Metropolitan Universityの研究調査で5000人の女性に化粧品事情と自身の習慣について質問する形で行われました。またそれに伴う病気感染の危険性についても少し見えてきました。

これによれば、

Some 25 per cent of those polled admitted to keeping their mascara for up to one year, despite warnings by health and beauty experts to replace it every three months.

And 20 per cent said they keep their cleanser for at least one year — twice as long as recommended.

25%の女性は、マスカラを1年から9ヶ月使用期限を過ぎても使い続けているそうです。20%は化粧落としのクレンザーを12ヶ月保管して使っており、これは、メーカーが勧める期間の2倍です。口紅などは使用期限2年のところを3年以上使用している人が10%いました。

image

命の危険!も言い過ぎでは無い

この研究で古い化粧品は生命を脅かす髄膜炎などの細菌の繁殖が進んでいることが、わかっています。血液中毒や尿感染症、胃腸炎の危険がある深刻なものです。

健康美容の専門家の指導では、マスカラは3ヶ月毎に新しくするよういわれています。しかし現状はかなり期限を無視したもので、ぞっとするくらいです。

image

実験では女性の化粧バッグの中に一般的にあるブラシ、ファンデーション、リップグロスなど5商品を調べたところ6種類の菌が発見されました。中には髄膜炎の主な原因となるエンテロコッカス フェかリス菌が見つかりました。

ほかにも細菌膣炎をアエロモナス胃腸炎の原因の1つになる最近も見つかりました。尿や呼吸器感染の原因となるエンテロバクターも見つかりました。

調査では7%の女性がウィルス性結膜炎にかかった経験があり網膜はく離になれば、失明につながる可能性があるものです。

自分で使用期限の見直しを!

もちろんメーカー側も期限の過ぎた化粧品に関して危険であると強調しています。ユーザーの化粧品購入スタイルも進化していて調査対象者の51%はネットで商品を購入していると言います。店頭で期限を確認して購入するとこの安全性にも意識がいくかもしれませんが、ネット購入となるとまた事情が変わってくるかもしれません。

ひとまずあなたの化粧バックの中身確認をしてみてください。

引用元 http://www.dailymail.co.uk/health/article-3577477/How-make-bag-wreck-health-One-five-women-hoard-cosmetics-years-risking-urine-infections-meningitis.html

Related Posts

Adsense by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です