子供のご機嫌とるためのスイーツが、感情的食習慣をまねくおそれがあります。

image

Adsense by Google

Emotional eating starts in CHILDHOOD: Children given treats as rewards are more likely to self indulge as they grow up

子供時代に感情的に食べる習慣をスタートすると子供はご褒美として与えられると思う存分食べる傾向がある。

image

スイーツで気を紛らわす

子供さんが、ご機嫌が悪くなったり、また買い物途中にベビーカーの中で、むずがったりしたときどうしますか?大概の親御さんのかばんの中にはいくつかキャンディーだったりスナック類をいざという時のために忍ばせているのではないでしょうか?

英国の食生活と心理学の研究者が子供を対象に調査をしました。

実際、子供を落ち着かせるために食べ物を与えることが有効ということは皆さん感じられているのではないでしょうか?もしも自分自身に当たったり、欲しい物が手に入らず機嫌が悪いときに何かしらの甘いお菓子を道具としてよく使われます。

 

退屈や悲しみのような感情をコントロールする道具として食べ物を使うのにどんな効果があるのでしょか?甘いお菓子梨に感情に対処できない大人になるのでしょうか?それはおそらく違います。時折、ビスケットの箱を子供にちらつかせることが子供の成長に影響があるという確かな証拠はありません。しかしもし私たちが常にこの方法をとるとするとどうでしょう?

image

子供が、良い子だったり物事をうまくできたときのご褒美として甘いお菓子が道具として与えられると何が起こるのか?逆におしおきとしてつかわれたらどうなるでしょう?

実際の調査で子供を観察

専門家はこのような子供への対処の仕方は。感情的食習慣を招く大きな危険性があるといいます。

最新の研究ではストレスを感じた子供はおもちゃで遊ぶか、スナック類を口にしたがるとことが明らかなっています。

実際に子供を年代別に3つのグループに分け観察してみました。全ての子供は昼食を済ませ空腹ではない状態で始めました。そしてジグソーパズルを準備し最後のピースを探すのに誰かを待っている状態に置きました。

そこでストレスを感じたとき何かを食べるのか、それともおもちゃで遊ぶのかを見てみました。

3-5歳児は、他のグループに比べて食べる傾向はありませんでした。

2歳児の場合、遊ぶより食べる傾向があります。

4-6歳児では、感情的過食になる傾向が多く見られました。

高カロリー蔓延の環境の中で

image

英国はの1/3の児童は、肥満の傾向にあると認められています。手のひらサイズのチョコレートやファストフードのスーパーサイズ商品、服屋さんでさえ子供の目の高さにスイーツを置いているような高カロリー食品の売り込みに子供は常にさらされているのは明らかです。

食の楽しみと社会的環境が複雑化する中、いつかこの状況下でいかに健康的でバランスの良い食生活に舵取りをするかが大切でしょう。

スイーツは人生の楽しみで取り除く必要はありません。

専門家は

Teaching children how to manage their appetites,

to eat if they are hungry and to stop if they are full, is an important lesson which is often overlooked.

「子供に空腹を感じたときに食べ、お腹が満たされれば止めるという自分の食欲によって自己管理することが教えることは見落としがちですが、大切です。」と話します。また子供の感情的食習慣は大人になっても続き、3/4の子供時代の肥満もまた大人でも続いていると言われています。

引用元 http://www.dailymail.co.uk/health/article-3586748/Emotional-eating-starts-CHILDHOOD-Children-given-treats-rewards-likely-self-indulge-grow-up.html

Related Posts

Adsense by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です