オレガノが温暖化の地球を救う!メタンガスコントロールで注目を集めています。

image

Adsense by Google

Can OREGANO help solve climate change:

Feeding herb to cows can reduce greenhouse gases in their farts and burps

オレガノが気象の変化を助ける。牛にハーブを与えることで、おならやげっぷによる温室効果ガスを減少させる。

image

地球の温暖化をすすめるメタンガス

地球の温暖化は大変深刻で、世界各国で協力して具体的な環境基準を設けたり、エネルギーの使用制限を呼びかけたりと対策が採られています。そしてこの温暖化により年々、気象の変化を感じます。今年は各地で観測史上最高の気温を観測しています。

これには、各界で様々な努力をされていますが、目覚しく効果が得られているわけではありません。

主に工場や車の排気をコントロールすることが最も注目されがちですが、これを研究する科学者の小さいグループでは解決策は他にあるのではと考えられています。image

それが牛から放出されるメタンガスです。この問題は以前から知られていましたが、牛乳や牛肉の需要によって、この問題が減速する様子はなく、逆に悪くなる一方です。このメタンガスは、二酸化炭素の21倍有害だとも言われています。

研究チームにより注目されるハーブ

image

デンマークのAarhus大学の研究チームが牛が放出するガスを減少させるオレガノに着目し、テストしています。このハーブはメタンガスを作り出す牛の胃の中の細菌を死滅する効果があるエッセンシャルオイルが多く含まれていることが判っているからです。

Oregano (pictured) has previously been used to help treat indigestion, heartburn and low stomach acidity.

以前からオレガノの効用として消化不良、胸焼け、胃下垂などに効果があるとして使われています。そしてこれを牛に与えることによって研究では、牛からのメタンガス放出を25%減少されられると期待されています。

The White House has proposed cutting methane emissions

from the dairy industry by 25 percent by 2020.

ホワイトハウスは、酪農によるメタンガス放出を2020年までに25%のカットを提案しています。

地球上のメタンガスの25%が牛のおならやげっぷからのものです。ある研究者が牛へのアンチメタンの投薬を考えたが、実際問題承認が難しくここでハーブが注目されたと言うわけです。

この実験はすでに始まっており2019年まで続けられる予定です。具体的にはギリシャオレガノを使い実施されています。これは牛の胃の中で菌を死滅するオイルの含有率が非常に高いとされているためです。

これが実施されることによって、畜産、酪農の農家にとっても抑制されることなく利益をもたらすことが期待できるでしょう。

引用元 http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3596466/Can-OREGANO-help-solve-climate-change-Feeding-herb-cows-reduce-greenhouse-gases-farts-burps.html

 

Related Posts

Adsense by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です