ごみで地球が埋め尽くされる?!生活から出されるごみが分解されるには気が遠くなるほど時間がかかる。 

image

Adsense by Google

毎日大量のごみを生み出している私たちの生活ですが、このごみが

どれくらいの時間を経て分解されるかご存知ですか?

先日イギリスのある場所でポテトチップスの袋が注目されました。ただのポテトチップスの袋ではありません。なんと33年前の製品の袋でしかもほとんどダメージを受けていない状態です。つまり全く分解されていないといういうちょっと恐ろしいものです。

As crisp packets are found in the countryside looking nearly new after 33 years…

How long does litter take to rot?

ポテトチップスの袋が、田舎でおよそ33年後に新しい状態で発見された。

いったいどれくらいでごみは腐るのか? ”腐る”つまり分解されるのか?と言うことです。

専門家によれば人間の作り出したごみ、人工的に作られた金属やプラスチックはもちろん問題ですが、バナナの皮でさえ数ヶ月そのままの状態であると言います。

image

そうなると私たちの暮らしはごみであふれています。

飲み物の缶、コーヒーカップ、ハンバーガーの包み紙やタバコの外箱などいくらでも出てきます。このごみを誰かが、例えば行政が?ボランティアの心ある人が?どうにかしてくれるのではと期待してもそれはほとんどかなうことではありません。数週間もそこらへんに同じごみを見ることもしばしばです。消えてなくなるにはかなりの時間がかかるということです。

image

イギリスのごみに対する反対活動のグループが国道沿いの清掃活動を行った際、今回のポテトチップスの袋が

発見されたのです。

Disturbingly, even though the crisps would have been eaten

when Margaret Thatcher was in power, the packets looked no more than a few days old.

しかし33年前と言えばマーガレッ・トサッチャーが全盛の頃です。それはまるで数日前にあけられたもののように見えました。

これは、それぞれのごみがどれくらいの期間で分解されるかと言うものです。

1ヶ月程 :キッチンペーパー、薄い紙袋。トイレットペーパーは土に埋めると雨風にさらされるより分解に長くかかります。

6週間程 :バナナの皮。フルーツの皮は中の果実を守るためにかなり分解しづらくできているます。繊維質でこれはラッピングで使われるセロファンと同じ材質です。

2~3ヶ月程 :牛乳パック・ダンボール。 これは厚みによります。

6ヶ月程 :綿の服・本。綿は天然素材だが、天候、気候によっては数週間で分解する場合もあります。

image

2年程 :みかんの皮・タバコの吸殻。(科学者によれば50年以上かかるとも言われています)

200年以上 :アルミ缶。これはリサイクルするのにかなりのコストを要します。

新しいアルミ缶を1個作るのとリサイクル品12個作るのが同じコストと言われています。

500年以上 :ペットボトル・プラスチック。

身近で当たり前のように買われているものが、地球を埋め尽くしてしまうかもしれません。

引用元 http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3593792/How-long-does-litter-rot.html

Adsense by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です