日焼けから身体を守る遺伝子の研究がより詳しく進められています。皮膚がんのリスクを軽減。

image

Adsense by Google

image

今年は、気温の上昇と共に早くから紫外線注意報が出ていますね。年々、紫外線対策グッズ(帽子に日傘など)日焼け止めクリーム、UV繊維の衣料など私たちの生活ではUV対策は当然のことになっています。

昔は、日焼けをした黒い肌がかっこいいと言われる時代もあったように記憶していますが、今は白い肌が主流のようです。

見た目の魅力のためと言うよりも健康面で紫外線との上手な付き合い方が、大切だと言う認識になりつつあるでしょう。

image

遺伝子レベルでリスクを予測

Do YOU have the ‘sunscreen gene’ that protects against cancer?

Discovery could help doctors predict who’s most at risk of melanoma

あなたは癌から守ってくれるサンスクリーン遺伝子を持っていますか?

この発見が、医師による黒色腫のリスクが多い人を予見の助けになります。最新の研究で人の身体の遺伝子の体質によって癌のリスクが抑えられるかもしれない、ということがわかりました。この研究は南カリフォルニア大学の研究者によって進められています。

日焼けを防ぐ遺伝子(UV耐性遺伝子)が皮膚がんのリスクから人々を守ることを発見しました。この遺伝子は、日常の太陽や海辺で寝転んで受けた日焼けの紫外線によって損傷を受けた肌を修復使用とする細胞を助けるのです。

耐性レベルの低い遺伝子や変異型の遺伝子を持っている人は紫外線を浴びた後の適切な細胞の損傷をする事ができず、皮膚がんになる大きなリスクがあるといます。もともと持っている細胞がUV耐性かどうかがわかれば、皮膚がん発症のリスクが高い人を見分けることが可能になります。

Melanoma, a skin cancer that can spread to other organs in the body, is the UK’s fifth most common form of cancer, with 13,000 new cases diagnosed annually. Around 2,000 people every year die from the disease in the UK.

身体の他の内臓に転移する可能性がある黒色腫、皮膚がんはイギリスで癌の中でも5番目に多く、毎年13000の新しい症例が診断されていて、2000人が命を落としています。

image

UV耐性遺伝子の性質

この実験では、UV耐性遺伝子のある細胞とUV耐性のレベルが低い遺伝子に同じように紫外線をあてて24時間後に比較してみました。

UV耐性の遺伝子は、その後細胞の修復が50%進んでいましたが、UV耐性の低い遺伝子は、20%しか進んでいませんでした。

この細胞はすでに20年前に発見されていましたが、それがどのように身体に働きかけるかは判っていませんでした。

今、それがDNAの損傷を修復するために細胞を守ることによって腫瘍抑制が発見されたのです。細胞が損傷した時、紫外線によってたんぱく質がそれを感知し、UVに抵抗する遺伝子が働く引き金となるそうです。

将来は遺伝子を刺激する薬剤が皮膚がんを発症するリスクが高い人々のための治療として使用できると期待されています。

引用元 http://www.dailymail.co.uk/health/article-3599275/Do-sunscreen-gene-protects-against-cancer-Discovery-help-doctors-predict-s-risk-melanoma.html

Related Posts

Adsense by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です