本物の笑顔を見抜く能力は、かなり小さいときから発達しています。素敵に笑えていますか?

image

Adsense by Google

Children can spot a faker: Toddlers learn to pick out genuine smiles early on and can tell who is likely to be nicer to them

子供たちは偽物を見つけることができます。幼児は早いうちに本物の笑顔を見つけ出すことを学び自分たちに誰が好意的かを判断できる。

子供に芽生える社会性

言葉がおぼつかない時期の子供たちが実は、相手の本当の笑顔を捕らえそれと同時に社会的な意味を結びつけて判断しているといいます。

今回ドイツとイギリスの発達心理学分野の専門家が幼児を対象に、調査をしました。成長の早い段階でこの能力は出てくるといいます。

実験では170人の2-5歳の幼児を選び、ある課題を与え、その反応と質問をして年齢別に比較してみました。

最初の実験では、2つの笑顔の写真を用意し選んでもらいます。「どっちが本当に笑ってる?」「何でそれを選んだの?」の質問に答えてもらいました。

4歳児では、75%が本当の笑顔を見分けることができました。目の動きを追うソフトを使って、調べたところ彼らは、口に関心が向く傾向がありました。

image

質問の答えとして、「口が開いていたから」とか「本当に笑っていたから」などがありました。

2歳児になると本当の笑顔を指摘することが、時々できませんでした。そしてなぜ?の理由をまだしっかり説明はできませんでした。

3歳児には本当の笑顔と解釈する方法に焦点を当てて実験してみました。どちらの写真が好きかを聞いたところ、偶然にも本当の笑顔を選びませんでした。目の動きを追ってみると、視線は本当の笑顔の写真ををうろうろしています。本当の笑顔の写真を意識しているにもかかわらず、なぜか説明できなのです。ここで本物と偽者の区別する意識が始まっているといえるそうです。

image

自分と相手の関係が結びつく年齢

4-5歳児には2つの写真を見せ、「素敵な方を選んで!」「誰と一緒にいたい?」などと社会性のヒントを含めた質問をしてみました。そうするとそれを解釈して本当の笑顔の意味を理解し、素敵で一緒に喜びを共有できるかどうかというところまで結びつけて考えられました。

専門家は、社会での協力者やパートナー選びに本当の笑顔と見せかけのものを見分けることは重要であるといいます。今回の実験では、笑顔のタイプの違いを見分ける事と社会的スキルを結びつける能力は、かなり早い段階から成長していることが判りました。

‘This ability can help children make appropriate choices when deciding with whom to interact and cooperate.’

この能力は、子供たちが誰と付き合い、そして協力し合うかを決定するときに適切な選択をする助けになる。

と語ります。

引用元 http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3608784/Children-spot-faker-Toddlers-learn-pick-genuine-smiles-early-tell-likely-nicer-them.html

 

 

Related Posts

Adsense by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です